個人輸入代行の利用|「妊娠したかも…」そんなときはアフターピル!/通販での購入方法

「妊娠したかも…」そんなときはアフターピル!/通販での購入方法

黄色い錠剤

個人輸入代行の利用

アフターピルは産婦人科から処方してもらうこともできますが、避妊に失敗してから通院していては手遅れになってしまう可能性もあります。
アフターピルは72時間以内なら成功後でも避妊してくれますが、なるべく早く服用するに越したことはありません。
24時間以内に服用する方が避妊率は高くなりますので、より確実に避妊したいなら性行為直後に服用すべきでしょう。

個人輸入代行サービスを使っての注文であれば、いつでもみなさんの好きなタイミングで注文しておくことができます。
医療機関へ通院して処方してもらう場合と違い、交通費や診察費、検査費などの費用は一切かからないため、出費もそこまで気になりません。
手間や出費を抑えられるだけではなく、誰にも知られずに購入できるのも便利です。

ただし、個人輸入代行サービスを使ってアフターピルを注文する場合、気をつけなければいけないこともあります。
どのアフターピルを注文するかは、すべてみなさん自身が判断しなければいけないということです。
アフターピルにも種類があり、主成分や服用方法が違うこともあります。
自分に合ったものを購入しなければ、思わぬ副作用が出てしまう危険もあります。
また、注文したからといってすぐ届くわけではなく、場合によっては2週間ほどかかってしまうこともあります。
妊娠に失敗したかも、と思ってから注文していては遅いので、早い段階から注文して準備しておきましょう。